愛が終わる時②

急遽休みが決まった前日、彼女からのテンションの高いメールを読んだ後、

“まずかったかな?”

彼女の予定も聞かず自分の休みの都合で、土曜日の家族の時間を壊してしまったのではないか?

休みを告げたものの、一緒には過ごす気持ちになれなかった。

返信のメールを打てなかった・・・。

いつもと違う様子に気付いた彼女は日付けが変わる頃電話を掛けてきた。


彼女 「なんかあったの?」

自分の正直な気持ちを彼女に伝えた。

この手の会話は今迄も何回もあった、話の内容としては子どもが休みで家にいる時に、

2人で過ごす時間がある事に抵抗感があるんだ“不倫をしている男が云うセリフじゃないなあ・・・”

結局会うことはやめる事で話は終わった。


1人で丸1日過ごすお休みは、彼女とあってからほとんど無い。

開放感どころか何を食べても旨くないし、悲しくてつまんない一日だった。

前日の深夜の会話で気を悪くしたのか彼女からのメールもこの日来なかった。

家族といる事だろうし、こちらからもメールを打たなかった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック