別れた2人の嫁からの電話とメール。

画像


別れた嫁(初婚)からメールがあった。

明日、会う約束をしていたのだが、1~2日予定を変更できる?って内容だった。

翌日は毎日来る彼女と、お出かけの約束をしており、

今回は会うのをあきらめた・・・。

嫁 「生活大丈夫?また、逢える時間が作れたら連絡頂戴ね。待ってる。」


晩御飯を食べたあと、携帯が鳴った。

去年別れた嫁だった。

久しぶりに聞く声に、不思議とココロが落ち着く・・・。

嫁 「私、来月引越す。前、働いていた会社に戻る事が決まったの。」

彼女は俺が今無職である事を知らない。

嫁 「娘の結婚式はやっぱり出れないの?仕事は順調?」

やさしい問いかけに、今の自分の状況を話した。

雇用保険の収入で生活し、仕事のメドも無い状況でちょっとキツイと・・・。

嫁 「私に出来る事があったら、なんでも言って。」

言えないよ・・・。

散々悪態をついて離婚したんだよ。言えるわけが無い。

俺 「本当にゴメンね、いろいろ迷惑かけて・・・。」

結婚生活中、自分がしてきた事を詫びた。


過去2回、幸せに出来なかったそれぞれの嫁さんからの優しさに触れた一日だった。


後悔しきれない。人生の分かれ道を作ってしまった馬鹿な男。


そして、生活の糧も無いまま、不倫で愛欲を満たす日々・・・。


『ロクな死に方しないな、俺・・・。』
















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック